フルスペクトラムにおけるテルペンとは?柑橘類の爽やかな香り

フルスペクトラム製品における「テルペン」とは?柑橘類の爽やかな香り

CBD単体で抽出されている製品もありますが、更にテルペンが加えられている・CBD以外に複数のカンナビノイドが含まれている・すべてのカンナビノイドが含まれている製品も、日本で出回っているのです。

そこで気になるのが「テルペン」いったい何なのでしょう。

実際に単一のものとテルペン入りとを比べてみれば、違いは明らかです。

テルペンは我々の身近に存在する成分です。

柑橘類の爽やかな香り・木の匂いを嗅いでいるとリラックスできるのも、すべてテルペンが関係しているのです。

揮発性の独特な香りを持った分子、これがあることで敵である虫や草食動物から身を守ることが出来ました。

植物の成長には欠かせない成分ということです。

レモンの香りのリモネンなら聞いたことがある方も多いはず、これもまたテルペンの一つなのです。

そしてアロマテラピー・香水などを通じて人間にも良い効果を与えてくれていたこのテルペンが、CBDの研究を通じて更にスポットライトを浴びることとなったのです。

ちなみに、一般的にテルペンというのはモノテルぺンのこと、イソプレンの単位数に応じヘミテルペン・ジテルペンなど様々あります。

ヘンプ草には約200種ものテルペンが含まれているといいます。

CBD単一の方が効果効能が発揮されやすいというのは違い、むしろその他のものと共に合わさることで相乗効果が生まれます。

あのヘンプの成分であるTHCだって、危険な精神作用は隠れてむしろCBDをより効果的に働かせてくれるのです。

CBD単体よりは出来れば何か含まれている方が良い、テルペン入りの製品を試してみてはどうでしょう。

ヘンプ草に特に多く含まれているテルペンであるミルセンは鎮痛・鎮静作用を持ち筋肉をリラックスさせてくれます。

糖尿病治療にもおすすめですし、高濃度で入っているとそれだけCBDを含めたカンナビノイドが血液へと送り込まれていく量を増やすことが出来るのです。

ユーカリやローリエ・ヨモギなどに含まれていることでも知られるユーカリプトールは咳止め効果があります。

リモネンのさわやかな香りは不安やストレス解消におすすめ、気持ちが高揚してくる・活力がみなぎってくるというのは経験で理解できることでしょう。

がんの予防や胸やけの軽減・抗菌・抗炎症と幅広い効果が期待できます。

テルペン自体も素晴らしい効果が多数あり、それとCBDとが合わさるのですからフルスペクトラム製品は最強ということです。